Skip to content

速報

 

 

1934年クリスマス・イブ。ロンドン。

若き人類学者スチュワートとその友人たちは、

カルパチアの山中で見つけられた、狼に育てられた少女「ジェーン」を

「人間」にすることができるかという議論で白熱していた。

「人間」に生まれ変わらせるというスチュワートに、友人たちは全員、不可能と嘲笑。

かくして、1万ポンド、学者の地位、そして、美しい婚約者を賭けての

スチュワートの困難なチャレンジが始まる。

期限は5年。

果たして狼少女は「荒野」を忘れて、「人間」になることができるのか?

 


 

美内すずえが「ガラスの仮面」で描いた作中劇中、

極めて上演が困難と言われる『忘れられた荒野』を翻案。

演出は、蜷川幸雄に師事した岡山出身の若手演出家。

主演スチュワート役には新進気鋭のプロ俳優を迎え、

岡山のアマチュア演劇の実力者と一年に及ぶ創作期間を経て、

地方発の新しいミュージカルに挑戦する。

 

人は何もって人になるのか? 何が人を人にするのか?

その問は、現在(いま)にこそ、繋がる――。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

新フライヤーをダウンロード

 

《 表 》

(PDF 9MB)

 

《 裏 》

(PDF 8MB)

上へ戻る